news

家ができるまで

2017.10.30.Monday:家ができるまで

家を建てたい。。。と考えていても、住宅建築がどのように行われているか疑問をお持ちの方も多くいます。

写真を使ってできるだけわかりやすく、実際に家が建つまでを追って行きましょう!

家を建てる最初の段階は、設計と打ち合わせです。

施主さんの要望を聞き、予算も加味してどんな家を建てるかを模索していきます。

納得のいくまで打ち合わせをして計画を練ることが、理想の住まい完成への第一歩です。

家を建てる計画が終われば、着工への準備へ。

どんな広さ、高さで家を建てるかを遣り方で示していきます。

また、安全に工事ができるよう地鎮祭を行い、土地を沈めてから工事の開始です。

(最近では行わないこともあります)

いよいよ着工となります。

家の土台=基礎を作る作業を最初に行います。地盤が弱い土地では基礎作りの前に杭を打ち、地盤を補強する作業も必要です。

木の板で基礎の型枠を作り、そこにコンクリートを流し込みます。コンクリートが固まれば基礎は完成です。

基礎が出来上がると、その上に家の骨組みを組み立てていきます。

設計段階で決まった場所に柱を建てたり、窓の部分を開けておいたり。

ここまで来ると何となく形が見えてきますね!

家の骨組みが出来上がり、外壁や天井もつけ終わると今度は断熱や機密の作業です。

壁や天井に断熱材を詰め、その上から隙間なく気密シートをかぶせていきます。

写真は内部だけですが、家の外側に外断熱としてグラスウールを入れる場合もありますよ。

十勝の寒い冬でも少ない暖房エネルギーで乗り切ることができるような作りです。

外壁や屋根を張っていく前に必要なのは、防水のためシートを張り付ける作業です。

家の側面には透湿・防水シート、屋根には防水シートを貼り木材への浸水を防ぎます。

いよいよ外壁と屋根を貼っていきます。

防水性はもちろんのこと、汚れ・色褪せに強いものなどさまざまな外壁材が。

ここまで来ると家の輪郭はもう出来上がってきますね。

内壁や室内の内装を整えていきます。クロスの一部や塗り壁には調湿性能があるものもあり、内壁材選びも暮らしの快適につながります。

棚やドア、フローリングが設置されていけばもう完成は目前。家具の取り付けなども行えば入居できる状態になります!

 

⑨完成

いかがだったでしょうか?

簡単ではありますが住宅建築の一連の流れをご紹介させていただきました。

ご相談、ご質問がございましたらご気軽にご連絡ください!

 

ご相談・ご質問はコチラから!

 

 

大野建設からのお知らせTOPへ戻る