works

こだわりのナチュラルHOUSE~時を超える家を求めて~

 

 

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

この家を建てたのは、今から11年前-。
先日、住宅と都市計画の見学をするためにドイツへ出掛けた時、ふと私の脳裏に浮かんだ家。
これは、幕別町札内に佇むS様宅のお話です。



歴史ある建物が美しく立ち並ぶヨーロッパの国の1つ、ドイツ。私は見学を通して、建物が年月を経て人々に住み継がれ、使われている素材の味わいが出て、その役目が終わるまで人々から大切にされていくことの美しさを肌で感じました。そして、それと同時にそのサイクルのスパンの長さ、つまり建物の耐久性の強さという点で相変わらず日本との大きな差があることを見せつけられたのです。しかしそんな時、私がかつて作ったこの家がこの差を埋める可能性を秘めているのかもしれないと思い始めました。

当時、S様夫婦はすでに10数年、家を新築することを頓挫させていました。というのも、ご主人様の長年の夢はコンクリートそのままを感じる家に住むことでしたが、奥様の夢は木のぬくもりをそのまま感じる家に住むことでしたので、話し合いは平行線を辿っていたのです。そんな時、弊社に相談しに来てくださいました。
私はどうにかお2人の夢の中に共通点を見い出せないかと考えました。

その結果、ご提案させていただいたのは、使用する素材の素材感そのままを大切にした家を建てることでした。

それは、コンクリート打ち放しの家や、木材そのものを活かしたログハウスや日本古来の民家、ヨーロッパの伝統的な石造りの家や、スチールで作られた美術館や商業施設などの近代建築にも共通しているかもしれません。いずれにしても、素材そのものの経年変化による美しさをどのように引き出すか、それが考え抜かれている工法なのです。
北海道という寒冷地でコンクリートと木材どちらの素材が優位か、そしてこの相反する2つの素材を素材感そのままに融合した建物ができないか、考えを重ねてゆきました。その結果、重たいコンクリートという素材は熱を蓄える力が強いので、内部の暖かい温度を蓄えて暖房が切れてもじんわりと保温してくれる、この寒い十勝では最適な素材でした。それで、外壁と内壁のコンクリートで断熱材をサンドして、まるで魔法瓶のような家になりご主人様の夢を叶えることができました。
一方、内装は地元の道産材ナラ木フローリングや、ドアをはじめとする建具を中心に奥様の夢であった木のぬくもりたっぷりに仕上げました。中でもこだわったのが、外側はアルミ、内側は木製のフィンランド製の高性能2重窓を取り寄せ採用したことでしょう。それから、通常は天井内部に隠してしまう排気ダクトなどもそのままにして隠さず、素材感そのままにというコンセプトに合わせました。

ドイツから帰り、築年数12年目を迎えたS様宅を改めて見に行きました。その家は印象や機能性は当時とほとんど変わりなくそこに建っていました。当時、耐久性の面から見て、この素材感そのままにという考え方が合っているのか、間違っているのかはわかりませんでした。しかし、きっと年月が経てば経つ程、その答えがわかってくるのだと思っていました。ですから今回、ドイツの古くも美しい建物、そして実際に年月が経ちつつもしっかりと機能し続けているS様宅を見て、正しかったのだと思えました。

日本の住宅街はキレイで明るくて、とても良く見えます。しかし、時代の流行りもののように、どこか薄っぺらくどこか儚くて、住む時間の長さと歴史を感じるものが少ないとも思えるのです。ですから、その土地その土地の環境や風土に合うナチュラルな家づくり、すなわち時を超えて長く人々に愛される家づくりをしたいものだと思いました。その点でS様宅は大きな可能性を秘めていたのだと、ドイツへの旅は私を気づかせてくれたのでした。

幕別町札内・S様宅 家族構成/50代夫婦、子ども1人

設計/大野建設一級建築士事務所

施工/(株)大野建設

■建築データ

□構造規模/コンクリート壁式構造・2階建て・外断熱2重コンクリート造

□延床面積/161.28㎡・住宅部分/36.09㎡・カーポート部分

□主な外部仕上/屋根・コンクリート打ちの上アスファルト防水冷工法

         /外壁・コンクリート打ち放し仕上げ破水剤塗一部煉瓦タイル貼り

□外部建具/フィンランド製2重構造窓 ドムス社 (輸入:ビタレスク)

□主な内部仕上/床・楢木フローリング、オスモワックス仕上げ

        /壁・コンクリート打ち放し仕上げ、一部SSコート塗り壁仕上げ

        /腰壁・楢突板名木仕上げ

        /天井・コンクリート打ち放し仕上げ、一部SSコート塗り壁仕上げ

□断熱仕様/壁・押し出しポリスチレンフォームB3-100mm

      /外断熱・土間下スラブ下押し出しポリエスレンフォームB3-50mm

      /屋根・押し出しポリスチレンフォームB3-200mm

      /基礎・押し出しポリスチレンフォームB3-100mm

□暖房方式/温水セントラル、床暖房及びパネルヒーター仕上げ

□工事期間/H18.7~H19.3

 

 

< 掲載一覧へ戻る