news

芽室町K様宅、完成!

2018.10.29.Monday:現場の進行状況

K様宅の建築模型

 1F                              2F
 
吹き抜け部分や窓など、試行錯誤し施工へと繋がっていきました。

 

そうして、K様宅を着工したのは秋が深まる昨年10月。
この自然溢れる場所に家が建っていきます。

地鎮祭。

基礎工事。

そんな中、冬の訪れが…。

でも、工事は進んでいきます。

基礎工事が済んだら、春までビニールシートの下で大切に冬眠させます。

春までしばしのお休みです。

 

実は春までの間、別の場所で工事の準備が進んでいました。

マイホームには何か自らの手を加えたい!
というK様たっての希望で、工事に使う木材に塗装をされていました。
 
がんばられました!これで春からの本格的な工事を待つばかりです。
 
さて、これらはどの部分で使われるのでしょうか?それは、春のお楽しみに。3か所出てきますよ~

 

2018年、春。本格的な工事がいよいよスタートです!


1階部分の形が見えてきました。

足場を組んで全体像が見えてきます。

結構な傾斜の屋根で作業する職人魂。

そんな職人さんたちの働きもあって屋根が掛かり、家らしくなってきました。
建物の南側をパシャリ。

リビングの大きな窓を付けます。解放感、見晴しがとても良さそうなのが、もう伝わってきます。

屋根の板金もきれいに出来上がり、

内部では断熱材を詰めて、北海道の厳しい冬に備えます。

そして、ここで1つ目のK様自らが塗装された材料の登場です。ベニヤ板は天井だったんですね!

さてその頃、別の場所で1本の木が伐採されていました。それはK様の奥様のご実家です。

お父様が亡くなられてから、お庭の木の手入れができなくなってしまったので、
その木を切って加工し、家を建てる際に何かに使用できないか?ということでした。
こうして出来上がったのが、エントランスの壁です。
 
ステキな味わい深い壁になりました。
さて、外壁の工事も進んで行きます。細く長い木材を並べると、シックでおしゃれな外壁に。


そして、内装工事も脈々と進んでいきます。

天井のベニヤ板の上に、さらに細長い
木材が付きました。
これが、梶浦様自ら塗装された2つ目の材料です。

初夏、吹き抜けの窓からはたくさんの光が差し込みます。

ここで、最後の3つ目のK様自ら塗装された材料が登場です。フローリングだったんですね。
素敵な床になりました。
 
そんな中、リビングではK様こだわりのスペースを製作中です。それがこちら。
 
息子さんと近くの川原で拾った石を活用して、薪ストーブを置くスペースを手作りします。
 
この続きは、住みながら作っていくそうです。薪ストーブが置かれる日が楽しみですね!

ついに、外壁は完成!

そして、内装も完成しました。

完成した記念に家族の手形をメモリアルタイルに。そこには、今年誕生した新しい命も加わりました。
 


では、完成したK様宅の全貌をご覧ください。


外観
 

玄関・エントランス
  

リビングダイニング
 

 

キッチン
 

寝室・子供部屋
 

ラバトリー・バスルーム・トイレ
 

 

階段・吹き抜け・廊下
 

 

 

最後までご覧いただき、ありがとうございました。
K様ご家族の幸せな家庭が、この家で育まれていきますように―。

◇設 計      株式会社 大野建設       担当 大野圭市
◇施 工           株式会社 大野建設

北海道芽室町・K様宅  家族構成/夫婦30代、子供2人

 

◇建築データー

構造規模     木造(枠組み工法 2’X6’)

延べ床面積    128,96  m2(38.93 坪)

主な外部仕上げ     屋根/ ガルバリウム鋼板0.35 平成ルーフ葺き
外壁/道産トドマツ 木酢液付け 板貼り

外部建具                 玄関ドア・南面連装窓・台形変形窓/木製 ノルド社 トリプルガラス仕様
その他外部窓/シャノン ドレーキップ窓 トリプルガラス仕様

主な内部仕上げ      床/道産カラ松フローリング(オムニス林産生産組合)
壁・天井/SSプラスター(富士川建材)

断熱仕様        基礎/押出法ポリスチレンフォームb3 ァ100
外壁/高性能グラスウール16kg 140mm + 付加断熱押出法ポリスチレンフォームb3 ァ50
屋根/高性能グラスウール16kg 140mm + 高性能グラスウール16kg 140mm

暖房方式     灯油式セントラルヒーティング 床下暖房 床下入気

◇工事期間    平成29年10月~平成30年7月

大野建設からのお知らせTOPへ戻る